2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

舞台稽古とオレンジ狩り

2005.12.04 (Sun)
今日は来週ジャパンフェスティバルが行われるらん月にて、舞台稽古がありました。 太鼓道場の子達も本番と同じ場所で練習をしているのと同時進行で日本舞踊チームはステージにて。 毎回のことだけど、普段は1人1人のお稽古がメインだし、同じ踊りを踊るグループで集まっても練習は先生のご自宅で行っているので、実際のステージに立って自分の立つ位置などを確認するのは絶対に本番前にやっておきたい事の1つ。 やっぱり感覚だとか、もっと極端な話どっちを向いて踊るのかとかっていうのも覚えておかないと。

今回は5曲の踊りのうちの1曲"木曽もみじ”をケイラを含めた3人組が踊る。 結構衣装や髪型もきまって本番が楽しみ。 まったく関係ないところで今友達から借りた“大奥”の第一章、第二章と続けて見て、結構きらびやかな着物なんかにはまってしまった。 出来ることなら私もあんな衣装を着て、「上様のお通り~」なんていう行列をジャパンフェスティバルでやってみたいわぁ。 そうそう、他のリハーサルで当日太鼓と横笛に合わせてベリーダンサーが踊るのだけど、見てたら結構お腹や太ももに効きそうなので習いたいねぇと見物客で弟子入りしようかと盛り上がったのに、教えるクラスは再来年からスタートですって。 結構イケそうな気がするんだけどなぁ。 次にはじめたいお稽古事を見つけたかなって感じでうれしいな。
1204.jpg

練習の後、以前何度か行ったことのあるオレンジグローブへ行った。 子供達が自分でオレンジが取れるのかと思って行ったのに、今年はやめたんだよっておじちゃんが言った。 聞くところによると、ヘビが見えたとか、アリに噛まれたなどとどこかの親と揉めたことがあったらしく、去年は閉めて今年からは自分たちで採ったオレンジを売るだけにしたんだそう。 確かに文句を言う人も多いアメリカだけど、それってすごく残念。 だっておじちゃんが捕ったオレンジを買うよりも、子供達が自分でおいしそうと思ったオレンジを捕る方が断然楽しいのに。

一応食い下がり、おじちゃんがいいよって言った場所でのみ2個ずつなら捕っていいよって言ってくれた。
1204(1).jpg

捕ったオレンジはその場できれいにお水とブラシで洗ってもらった。
1204(2).jpg

自分で捕ったオレンジと、売り物からタンジェリンとそこのオレンジ畑で捕れた蜂蜜を買った。 蜂蜜は3パウンドで9ドル。 小さいサイズがないので一瞬ためらったのだけど、オレンジ蜂蜜はジョンが結構好きなのでお土産に。 彼はパンに塗ったりクラッカーに塗ったりするけど、私は紅茶とか、お菓子を作る時に入れてもおいしいかなぁと。 しかし以前通っていたイチゴ狩り畑のそばのグレープフルーツ畑でも、夜中に無断で捕っていく人がいるからもう一般公開はしないと言われた事もあったし、なんだかそういうご好意でやってくれているような施設が嫌な思いをして、みんな来ないでっていう風になってしまうのはとっても残念だなぁ。。。
スポンサーサイト
【EDIT】  20:12 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM4  | Top↑

Miami International Book Fair 2

2005.11.20 (Sun)
今日も2時15分にパフォーマンスがあったので、またマイアミの鹿児島ジャパンパビリオンへ昼頃入る。 なんと鹿児島から市役所の方やゴスペルグループ総勢30名などもやってきていて、彼女達もステージでゴスペルコーラスを日本語と英語で披露していた。 途中民謡調の歌がはいったり、英語の歌は何人かがマイクをもってソロとバックコーラスって感じで歌っていたけど、結構上手でもっと聞きたかったくらい。 残念だったのは音響のスピーカーの調節かなぁ、たまにキーンと耳が痛くなるような音が出ちゃっていたのが本当に残念。
1120.jpg

今日も先生のソロを含めて4曲。 日本語を話せるから話したいのっていう感じの子が
『あなたの着物ステキですね。』
とか話しかけてきてくれたりするので、私は必ず
『日本語上手ですね。』
と褒め返したりしてしまう。 そうだよね、習った言葉を使って話をしたいっていう気持ちは大事だよね。 私なんかはアメリカに来たばかりの頃は自分の英語が恥ずかしくてたまらなかったけど、こっちの子達はそうでないのよね。

おお、それとオーランドよりもマイアミの方が若く思われるみたい。 誰も10歳の娘を置いてきてるっていう風には思わなかったみたいで、学生さんとか社会人かとかって聞かれたりした。 私もしっかり、“ハイ、社会人です。”と大嘘ついてきちゃった。
1120(1).jpg

ペルーのパビリオンでは色んな民芸品を売っていたので、子供達にお土産を選んだ。 本当はもっと見たかったのだけど、すごく混んでるし、値札とかがついてないので誰かに値段を聞かなくちゃってやってるのが面倒な感じだったのよね。 ジャパンパビリオンもこうやって特産品を売ればいいのに。 焼酎は難しいらしいけど、鹿児島の特産品を売ったら、多分私買うのにな。
1120(3).jpg

パフォーマンスの後、グルグルっとブックフェアをまわり、子供の本のブースでは本ごとにクラフトブースが出来ていたので、留守番中の子供達が見たというハリーポッターのブースでメガネを配っていたので、お土産になるじゃんともらってきた。 ここは子供連れてきたら楽しいと思うわ。 色んなクラフトできるし。
1120(2).jpg

そしてどの本も5ドルというブースでお料理の本を買った。 表紙右下のイチゴで作ったサンタクロースが気に入ったので。 アメリカの行事ごとにデザートや飲み物などのレシピが載ってるので、これからの季節に活躍しそう。

いやぁ、しかしマイアミ。 田舎のオーランドとはやっぱり違うわぁ。
【EDIT】  22:22 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM0  | Top↑

Miami International Book Fair 1

2005.11.19 (Sat)
金曜日は夜9時すぎに先生の家に到着。 一応夜中12時まで練習をして土曜日はマイアミのダウンタウン地区で行われてるマイアミ インターナショナル フックフェアへ。 ずーっと鹿児島祭りと聞いていたのだけど、行ってみたらこのブックフェアの中にインターナショナルパビリオンという地区があり、さらにその中に鹿児島ジャパンパビリオンが作られていた。 その中が鹿児島の名産品を飾ったり、日本の文化を紹介したりする空間になっている。
1118.jpg

オーランドではそれほどないけれど、マイアミの方では色々な大学とかで日本語を教えていたり、日本領事館の職員が色々な学校に日本について紹介しにいったりするボランティア活動なども盛んなようで、日本語を話す外国人なんかも多い。 日本語ペラペラの外国人と知り合いたい人はマイアミとかに行ったらいいんだね。
1118(1).jpg

私達はこの中で行われているデモンストレーションやパフォーマンスの1つとしてお琴を弾いたのだけど、他にも活け花、着物の着付け、ティーセレモニー、懐石料理、折り紙、習字などが行われてた。

仮設のパビリオンなので、冷房というか空調がちょっとうるさくて譜面は飛ぶし、音も消されてしまいそうであまり良いコンディションではなかったけれど立ち見の人も出るほど(イスが少なかったというのもあるけど)だった。

このブックフェアがかなり大規模なもので、人もすごかった。 すっごい長蛇の列だなぁと思って先頭までたどってくると、グロリア エステファンが本のサイン会をしていたり。 日本でもよく芸能人がサイン会とかするもんね。 さすが南米に近いので、スペイン語の本もたくさんだし、聞こえてくる言葉やフードコートやブースで売ってる食べ物までオーランドとは違う感じ。 キューバ、メキシコ、カリビアンなどの食べ物が多い。 私達はチキンのシシカバブみたいなのと、焼きバナナを食べた。 焼きバナナはあまり好きな味ではなかったけど、チキンはおいしかった。
1118(2).jpg

これはブラジル風なのかな? 生の肉をこんなカゴにペタっと貼り付けて薫製というか焼いているの。 豚肉らしいんだけど、結構おいしそう。
1118(3).jpg

【EDIT】  20:25 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM1  | Top↑

マイアミサマーフェスティバル

2005.06.05 (Sun)
このために今回マイアミに来たのだった。 Coral Gablesと呼ばれるエリアで、ジャパンフェスティバルが行われる。 お祭りは午後からで、夕方からが盛り上がるらしいのだけど、私達の演奏時間は1時10分。 幕開けというか、最初のパフォーマンスだ。 サウンドチェックなど色々あるので、現地に9時集合。 日曜日で早く行ってもお店も何もやっていないからとジョンと子供は後から来ることにして、先生にお迎えに来てもらって自分だけ先に行くことにした。

途中から雨が降りだし、到着してもステージが出来ていないなど、10時からのサウンドチェックが出来なかった。 今回の5Kマラソンのスポンサーになっているお店の上にお祭り事務所があったので、そのフロアに着替え室や練習場所を用意してもらったのだけど、一生懸命お琴とかを階段でエッチラオッチラ運んだのに、後から気づいたらエレベーターが横にあった。 先に教えてよぉって感じ。
20050605201343.jpg

今回の演奏は、先生のソロで「夢」と、オペラ歌手の方と一緒に「花かげ変奏曲」、そして「四季の日本古謡」。 弾くのは本日ちょっと寂しい4人。 今日はちょっと反省。 屋外ステージということもあって、ついつい舞台横から見ている人や、近くを走っていく消防車のサイレンなど、ちょっとした音や風景に気をとられて音が抜けてしまった部分があった。 ジョンは分からなかったよぉと言っていたけど、ケイラにはバレていた。
20050605201349.jpg

フェスティバルは、生け花や折り紙、食べ物関係、そしてアニメなどのコスプレ。 暑そうな格好をしているおじさんがいるなぁと思ったらスーパーマリオだったり、ゲームキャラなどに子供からおっちゃん達まで年齢層広く仮装している人が集まってた。 そして日本の漫画の英語版のブースがあったり、オーランドのジャパンフェスとはちょっとまた一味違った感じ。

後片付けも終わったあとで、目の前にあったサンセットプレースというショッピングセンターを見て歩いた。 多分私の家のそばに出来るというアウトドアのモールというのは、こんな感じなのかなぁっていう雰囲気の映画館や、ナイキタウン、アーバンアウトフィッター、レストランなどが色々あった。 アメリカでは珍しいクレープスタンドがあったので、ランチにクレープを食べた。
日本のクレープのように丸いまんまに具を挟むのでなくて、半分に折った半月肩のクレープに具を挟んでいた。 私が食べたのは、トマト、バジル、モッツェレラのクレープ。 具をのせた後にフタをしてしばらく焼いていたせいか、クレープでないようなカリカリ感だった。 
20050605201400.jpg

何も買わなかったけど、どうしてもロッククライミングがしたいというユウちゃん。 しばらくベンチで他の子供が登っていくのを見ていたら、「6才だから怖くないし、何度もやったことあるから大丈夫。」とやったこと1度しかないくせに言い切った。 イメージトレーニングを何度もやったって事なのかなぁ。

しかし、ビックリ。 途中で怖いよぉと諦めようとするケイラに比べ、ユウちゃんはあっという間に1番上まで上ってブザーを鳴らした。 これには驚き! スパイダーマンなんだか猿なんだか、親が1番驚いた。

あと1日くらい遊んで帰りたいなぁって気分だったけど、明日はジョンも仕事だし仕方がない。 夕方4時すぎにはマイアミを出発。 さて、帰りの車の中で今回の旅行で何が1番楽しかったのかと聞いてみた。 そしたら子供2人とも、「レンタカー!」と即答。 それが1番楽しかったとはガッカリ。
20050605201407.jpg

【EDIT】  20:59 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM0  | Top↑

タンパ アジアンフェスティバル

2005.04.23 (Sat)
去年も参加したタンパでのアジアンフェスティバルに今年も招待されました。 日本語補習校を1時間目で早退して出発。 途中車がはぐれたりして手こずりながらも、なんとかお昼前には到着。 配られたお弁当を食べてお仕度開始。 天気予報では午後雨だったけど、お天気がもつといいねぇ。
20050423183508.jpg

韓国、フィリピン、ミャンマー他色々な国の人が色とりどりの衣装で踊りや楽器の演奏などをしたり、ドラゴンレースというボートレースも行われているにぎやかなフェスティバル。 近くの会場でも色々なイベントが行われているのか、去年よりも人出も多いような。。。

20050423183521.jpg

仕度の時間がいつもよりも短かったのか、係りの人が早めにスタンバってほしいのか早く早くとせかされながら、なんとか出番の時間までには仕度も済んで「にゃんにゃん踊り」から始められました。 私の後ろの見知らぬおじちゃんが、「ジャパニーズダンスでも踊ってる子の苗字が日本の苗字でない子ばっかりだ。」とかって言いながら笑っていたので、次回からはケイラの苗字も私の旧姓とかにしちゃおうかしら。

古謡、花かげ、天竜しぶきと風の強いなか4曲踊りました。 古謡は最後のポーズの時の音がなく、あれ?って感じでもすましてポーズを決め、司会のおじちゃんが「花かげ」を「はなげ」と紹介したって動じない。動じない。 

20050423183532.jpg

去年初めてお会いして、すごく子供舞踊会の事を応援してくれているタンパのキーライム通信という日本語の通信を発行しているNさん他、タンパの日本語学校の方々見に来てくださってうれしい限りです。 雨雲さえ見えなければ、もう少しゆっくりお話が出来たのに残念でした。 ついつい身内ばかりが楽しみにしているかのような発表会もあるけれど、こんな風に1年ぶりに舞踊会の発表を楽しみにしてくれてる方々がタンパとかオーランド以外にもいるかと思うとすごくうれしくなっちゃいます。

20050423183455.jpg

帰りの道もすいていて、スムーズに思ったよりも早く帰ってこれたので、帰りはオーランドにあるMERCADOへ。 ちょっと寂れてるんだけれども、この間ここのフードコートのキッズミール無料券をラジオディズニーからもらったので、使わないとね。

AKIで食べようよと言っていた友達も1人で行くのもなぁって事で一緒にMERCADOへ。 キッズミールといえども、ホットドッグ2つとチップスとドリンクとか、フットロングサイズのサブにドリンクとか、それにデザートクーポンもついていたので子供2人でシェアできるよねっていうボリューム。 それにちょこちょこっと足して、ホームメイドのサングリアなんかを飲んだりして今日の夜ご飯は終わり!

これで、一応3週末続けてあった今月の発表会は一段落。 先週の森上の様子はケイコロンのHPに今日アップしました。 時間があったら見てみてくださいね。
【EDIT】  18:36 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM2  | Top↑

こどもの日イベント

2005.04.17 (Sun)
枕が変ったからか、緊張のせいか、興奮のせいか、あんまり寝れなかった。 もしかしたら寝てたのかもしれないけど、気づくと2時間おきくらいに時計を見てた。 朝の5時半には新聞を配る音で目を覚ましたのでシャワーを浴びて仕度を始める。

7時にはホテルで朝食を取り、ユウちゃんを向かいの部屋の友達のお家に預け、ケイラは踊りの先生達に預け、自分はMORIKAMIへ8時入り。 到着するとお正月依頼のマイアミチームと合流して、チューニングやお琴の練習。 当日一緒に弾く人ともここでの練習が初めてっていう状態なので、色々とそれまで各自でどんなスピードで練習していたかとかを微調整しなくちゃならない。 そのほかどんな順番で並ぶかなど行って見なくちゃ分からないっていう事も多いので、お琴を弾くのは午後でも午前中に集合っていうのも仕方がない。

今回は2曲琴演奏で日本舞踊と共演する。 そのうち1曲は歌手と子供シンガーもはいる。 でも歌い手さんも今朝の今朝まで知らなかったので、踊り子ちゃんも一緒にリハーサルなどをしてなんとなく慣れてもらう。 どうしてもそれまでのCDでの練習と生演奏、生歌では感じが違うものね。
20050417185813.jpg

今日は日本髪に白粉で、すっかり着飾った舞踊会メンバー。 3回もステージに上がらなくてはならないので、化粧も衣装もずーっと着たまま。 先週の浴衣に比べると、ケイラをはじめ男踊りをする子達は2枚着物を着ているので重さにして約4倍。 食べる時も化粧に注意をして、外に遊びに行きたくても我慢。 
20050417185827.jpg

日本から届いたばかりの着物と帯で中庭散歩。 お正月に来た時にはガーデンをゆっくり歩けたのに、ケイラ達はシアター以外見ることもできないほど余裕なし。 唯一見れたのは同じオーランドから行った祭り座Jr.の太鼓のショー。 
20050417191312.jpg

日本古謡で母娘共演
20050417185840.jpg

天竜しぶきでは、片肩さげて着物の裾もあげてちょっぴり華やか。 浴衣のショーとは全然感じが違うし、子供達もしっかりと上手に踊っている姿をみて目頭がジーンと熱くなるような気持ちで舞台袖から応援しました。
20050417185853.jpg

最後のショーは3時45分。 終わってからは残念ながらアトラクションもほとんど終わり。 次の日も学校だし、またまた3時間かけて帰ってきました。
【EDIT】  18:57 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM4  | Top↑

NASA アメリカン ピクニック

2005.04.09 (Sat)
今月は日本舞踊での発表が3つも入っている。 そのしょっぱなが今日行われた ケネディースペースセンター のアメリカンピクニックでのパフォーマンス。

どうやらNASAの従業員なんかがメインのイベントらしいのだけど、そこに今回は招かれた。 会場では車椅子などの疑似体験ができる場所や、本物の宇宙飛行士に会ってサインをもらえるブースなんかもある。 バスツアーに参加すれば、スペースシャトルを見ることもできる。 こんな機会もなかなかないので、ペギーさんとパウロさんの写真にサインをいれてもらう。 野口宇宙飛行士にも会いたかったけど、打ち上げが近いのでいらっしゃらなかった。 ポスターには写ってたけど。
0409.jpg

このピクニックは一応前売り券を買って行ったのだけど、たった5ドルの入場料を払っておけば、中のものはみんな無料。ランチも含まれているし、会場内各所にあるスタンドでビール、ソーダ、水も飲み放題! 子供がやりたそうなメリーゴーランド、ロッククライミング、各種おやつ系ももちろん無料。 なので踊りと関係ない男の子達は、色々と遊び物で楽しみ戻ってきた時には“フリー”だったからとかき氷、綿菓子、ポップコーンと抱えて帰ってきた。  
20050409165846.jpg

パフォーマンスは予定より15分も遅い3時から。 それでも1時には集合して仕度を始める。 お化粧をして、髪の毛に飾りをつけて着替える。 今回は屋外なので浴衣。 でもせっかくの着替えテントの地面がネチョネチョとぬかるんでいるので、浴衣を汚さないようにピクニックテーブルのイスに乗っかって着替えるなんて事をした。 毎回のことだけど、当日行って舞台稽古もないままブッツケ本番のような状態なので子供も緊張するし、大人も1発目の舞台というのは要領がつかめない。
20050409165858.jpg

本日のパフォーマンスは、

にゃんにゃん踊り
紙人形
四季の日本古謡
花かげ変奏曲
天竜しぶき

ケイラをはじめ天竜しぶきを踊る4人は、初めての男踊り。 たくさんの観客も集まって、大きな拍手ももらってとりあえず無事に終了できました。  
20050409165911.jpg

もっと時間があったら、色々と楽しみたかったピクニック。最後には目の前でNASAのヘリコプターの離陸というのを見れて、ちょっと感激。 
【EDIT】  16:58 |  Japanese Culture  | TB(0) | CM4  | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。