2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

みんなのおもちゃ

2006.06.30 (Fri)
先日ユウちゃんは山Pヘアにしてもらったのだけど、今日は彼女が我が家に出張サービスに来てくれて本日は我が家がサロン&チャイルドケア状態で午後からは子供もワンサカ、ヘアカットしてもらっている人、まつ毛パーマかけてもらってる人、待ってる人と満員御礼、大入袋が振る舞われるんじゃないかってほどの状態でした。

やっぱり日本人で、ヘアカットをどこで切るかとかそういうのって悩んでる人が多いってことだよね。 ちょっとステキに切っていれば、どこで切ったの? 今度教えてぇって風に人づて人づてでどんどん広がるもんね。 オーランドだと彼女の他にもNYから出張に来てくれる日本の美容師さんとかいるので、どちらかに頼んでる人がかなりの数になるんじゃないのかな。

今日は12時ころから始まって夜7時くらいまで働かせてしまいました。 私もついでに切ってもらって。 このブログを見てくれていて知り合ったお友達も来てくれたりして、イメージどおりの人ですと言われてうれしい事なのかな? まあありのままが出てるってことなのかな。

あまりに忙しくて写真も取れなかったけど、きなことあんこの2色おはぎ重箱入りの差し入れあったり色んなお菓子や芸能雑誌とか持ってきてもらって楽しかったねぇ。。。 夜ご飯も最後まで残ってくれた人とかと一緒に食べてあっという間に11時近くになってしまったよ。 

さてさて、たくさん集まった中でも人気は一番小さいこのベイビー。 7ヶ月だそうでお座りとかが出来るくらいかな。 もう最初は知らないお家に連れてこられたよぉ、知らない人ばっかりだよぉと泣いてたのにダンナにあやされるとニッコニコでキャッキャと声をあげて笑ったりして可愛い、可愛い。 もうこういう赤ちゃんの可愛さっていうのは別物だねぇ。 色んな人に抱っこしてもらって、他の子供達からおもちゃで遊んでもらったりあやしてもらったり。 と思うと誰からも相手にされてもらってなくて寝てたりして。

いやぁ、可愛いわぁ。 そういう風に言ってると「もう1人くらい生んだら?」的な事を言われるんだけどねぇ、家はもう2人で充分楽しませてもらってるからね。 期待するなら40代で孫でも生んでもらって孫の面倒を見るおばあちゃんになることかな。 
060630.jpg

スポンサーサイト
【EDIT】  21:04 |   | TB(0) | CM4  | Top↑

もらいプール

2006.06.29 (Thu)
こればかりは仕方がなく、家にはプールがないしコミュニティープールもない。 なので以前は向かいのゴルフ場つき豪華コミュニティーのプールに忍び込んだりしていたのだけど、ゲートパスの期限が切れてしまったので今年はディズニーのウォーターパークの年パスを買って通ってる。

けれどもパスを持ってる人っていうのも限られたりするので、そうでないときはプールつきのお家の人が遊びにおいでと呼んでくれた時にプール道具をもってお邪魔し、もらい湯でなくもらいプールをさせてもらう。

お友達の家で色んなお友達とプールに入るっていうのが楽しいらしく、一度入ったらなかなか出てこない。 今日はバイトが終わってからお邪魔したので夕方近かったのだけど、結構遊ばせてもらった。

実はタイフーンラグーンの帰りに寄ったお家にカバン一式を忘れてきてしまっていて、ここ2日間免許も財布もカードも何もない不安な時間を過ごしていたのよね。 なので今日は自分のかばんとも2日ぶりのご対面。 忘れてきたのがディズニーとかでなくてよかったよ。
060629.jpg

リゾート地のようだわ
060629(1).jpg

ユウちゃんのゴーグル顔は、おもしろめがねをかけた人のようだと思う。

そんな我が家に最近どうもアリが出るなぁと思っていたら、原因を突き止めた気がする。 子供がコットン キャンディーメーカーという綿菓子機で綿菓子を作ると出した途端に、キャっと叫んだ。 見てみたらアリがわんさか。 これがアリの本拠地になってたのかぁ。。。

たしかに掃除も大変だし、砂糖も残ってたんだと思うのだけどもう使えないよねっていうよりも食べたくないよねっとゴミ箱行き。 綿菓子機をお持ちのみなさん、あとかたづけにはご注意を。
【EDIT】  20:15 |  ...fun  | TB(0) | CM0  | Top↑

目指せ!山P Jr.

2006.06.28 (Wed)
山Pにしたいからととりあえず髪の毛を切らずに伸ばして伸ばして結構長くなったユウちゃん。 でも夏なのに暑そうだし、伸びた前髪が常に気になるらしくいっつも手で掻き分けちゃうから、常に7・3のサラリーマンヘア。 そろそろどうにかしなくちゃなぁって時に助け舟。 ウェストパームからビューティーシャンKさんが来てくれることになった。
060628.jpg

切る前に、雑誌の山Pを見せてこんな感じなのぉと説明し、さらに懸念材料とされる神木隆ノ助くんや、Yah-Yah-Yahとかにいそうな髪の毛ちょっと長めの男の子(髪型そのものは和田アキ子とほぼ同じに見えるけど)になっちゃいそうだというページといったりきたりしながらお願いしてみました。

本人も短くしたくないけど、山Pにしてくれるならとヘアカットに対する恐怖も不安もないようでおとなしく、本当におとなしくされるがままでガマンしてたわぁ。

一応出来た髪形がコレ↓
060628(1).jpg

これにジェルとかつけてスタイリングをすれば、近くなるんだろうねって言っていたのに長めの前髪が気になるらしくいきなり横分けにしちゃって意味な~い。 結局サラリーマンヘアになってるじゃん。

と思うと長い部分を鼻にあたるように真ん中に横から全部集めてきちゃって、キューピーちゃんか横山ノックかってな髪型にしてみたり。

うーん、あれは山Pとかアイドルで大人でガマンできるからこその髪型なのかなぁ。。。 とりあえず30日まで様子を見て、本人にウザイようだったら前髪を少し短くしちゃうかもしれない。 でもなぁ、このままがんばってほしいなぁ。

【EDIT】  19:58 |  Raising children  | TB(0) | CM2  | Top↑

フロリダの天気

2006.06.27 (Tue)
毎日午後になると雨や雷の季節になってしまいました。 ちょっと出かけては大粒の雨に降られたり、と思うと急に止んだりっていうコロコロと変わるような予想がつきやすいような天気が続いてる。

車の乗り降りしてる時の大雨はいやだし、どこか遊びに行って屋根のない所で雨っていうのもいやだし。 だったら濡れてもいいからウォーターパークでっていうのも、ねぇ。。。

今日はタイフーンラグーンに友達親子と一緒に行った。 午後から雨だよねぇと少し早めにお昼前に待ち合わせをして入ったのに、ちょっと遊んでいたらグレーの空と雷の音がどこかで聞こえた。 いや気のせいかなぁと思いながらウォータースライダーに並んでたらやっぱり。 ストームが近づいているので水から上がってシェルターエリアに避難してくださいの放送が。 ライフガードのお兄さんも、「This is Florida」とか説明して仕方ないじゃんっていうのを主張してた。

雨ならいいんだけど、雷がなるとダメなんだよね。 まだまだ遠そうな音なのにさっさと水から出されて待つこと軽く30分以上よ。 橋の下にいながら風が出てきたねぇ、あ雨が降ってきたねぇ、雨がぬるいねぇと待って待って、雨が止んだから次にやりたいスライドの近くで待ってようと待ってるのにまだダメです、まだダメですと。

もう、と悔しがってるとやっとブザーの音とともの再オープン。 水のそばは落雷なんかがあったときに危ないからっていう理由はよーく分かるんだけどね。

さてさて、ユウちゃんは48インチ(122センチ)の身長制限が今ギリギリなところ。 チューブに乗ってのスライドもこの身長制限だとギリギリ。 身長測定の棒の端っこにたつと、背が足りてるのに真ん中に立つとダメだったり。 今日は並び口の身長系はオッケーですと係りの人に言われたのに、滑り台の乗り場に行ったら背が低すぎるからダメですと何度下でいいって言われたのにと言ってもダメでエレベーターで下ろされた。 ユウちゃんにしてみたら、悔しくて仕方がないじゃないねぇ。

それでも他にも楽しいのがあるからとごまかしごまかし半日遊んできたんだけど。

↓並のプールの大波は、めちゃくちゃ大波。 1分ごとくらいにしかこないんだけどね。
060626.jpg

【EDIT】  19:55 |  Parks  | TB(0) | CM4  | Top↑

House Warming Party

2006.06.25 (Sun)
今日はオーランドに来て間もないお友達の家の新居祝いというか、家が落ち着いたので見に来てくださいといったハウスウォーミングパーティーに夕方から出かけてきました。

ウィンターパークというちょっと高級なイメージ漂う町の中の、すこし奥まった閑静な豪邸に囲まれた友達宅は1930年あたりに建てられたという築70年とか超えてるらしいのだけど全室フローリングでいい感じ。

ダンナさまが新築の家は個性がないからと古めのお家を希望して50軒見てまわって決めたというお家だけあって、いい感じの味がでてるの。 きっと床下とか壁の裏とかに色んなお宝とか埋まってるのかもしれない。

築年数が多いとはいえ、住む人住む人が手を加えているのでこんなステキなウッドポーチとかが中庭にあったりしていい雰囲気。 晴れてたら、ここでわざわざ紅茶とか飲みたいわぁ。
060625.jpg

日本から200箱以上もの荷物を送ったというだけあって、日本のものもたくさん。 こんな感じの和ダンスとかもいくつもあったり座布団ひいてるお部屋があったり。 日本にいたときはおばあちゃんのお家とかに行って和ダンスあっても、そんなにいいなぁとか思わなかったのに海を越えたこういうお家にあるとすごく馴染んでてよく見えるのかしら。
060625(1).jpg

なぜかこんなところでこんなものを見つけるとは! ってものを家の中を歩き回ってて見つけた。

光GENJIのハーフタイムショーのポスター
060625(2).jpg

こんなところまで懐かしい感じがしちゃうわぁ。

あいにくの雨だったけど、すごくステキなお家でなんだかうらやましくなっちゃった。 
【EDIT】  19:48 |  ...fun  | TB(0) | CM6  | Top↑

BACK IN NORMAL

2006.06.24 (Sat)
昨晩長距離ドライブから帰ってきて、洗濯物の山とやはり自分のベッドってことで熟睡してしまった。 そして今日からいつもの生活に逆戻り。 今日は1ヶ月ぶりのお琴のお稽古へ。

日本から届いたという新しいチューナーなどの道具ももらい、SMAPの歌とかのお琴の譜面なんかも配られてなんだか楽しそう。 今日の練習もウルフルズとかの歌ってた歌を弾いたんだぁ。 日本からのお土産でゴリエちゃんのハンドタオルももらったし、いつから使おうかしら。

古典も好きだけど、こういうJPOPも弾いてて楽しいよね。 口ずさみながら弾きたい感じで。

夜ご飯はAKIレストランへ先生と一緒に行ってきたのだけど、私も会った事もないような日本人家族とかを何組も見かけ、オーランドも日本人社会が広いんだなぁと改めて感心。

今日から私は現実社会に戻ったんだなぁ。
【EDIT】  19:42 |  Tameiki  | TB(0) | CM0  | Top↑

かえってきたよぉ。

2006.06.23 (Fri)
ホテルをチェックアウトして、あとはオーランド目指して運転するのみ。

止まるのもトイレ休憩のみで。 サウスキャロライナ-ジョージア-フロリダと経由して夕方4時くらいには叔母の家に到着。
060623.jpg

車の中はテレビを見たり、DSで遊んだりMP3プレーヤーで音楽を聞いたり。 こんなに静かなドライブならもっと遠くても行けるかもしれない。

叔母の家では、ピーナツが叔母のメスの飼い猫に恋したらしくメス猫ケリーがそばにいるとピョンピョン高い所に飛び乗ったり飛び降りたり、“ほら、こんなに出来るんだよ、僕”っていうのをアピールしたり添い寝をしようと近寄っていたらしい。 ピーナツも楽しんだからもう帰ってきたくないかもねぇと言っていたのにケイラを見たとたんに飛びついてきたらしく、やっぱり寂しかったのかしら。

車の中でどっちがキャリアを抱えるかとか顔をどっちに向けるかで軽い言い争いをしながらピーナツも一緒に帰って来ることになっちゃった。 叔父にメス猫ケリーも一緒にどうだと言われ、いやいやピーナツを置いていくよと言い合っていたのにねぇ。
060623(1).jpg

しかし無事に家まで帰って来れました。 バケーションがあっという間に過去のことになっていくような気になってしまった。
【EDIT】  19:32 |  trrips  | TB(0) | CM2  | Top↑

さよなら、ワシントン

2006.06.23 (Fri)
2泊なんて短いもので、もうワシントンから帰る日になってしまった。 色々な施設も無料な場所が多いし1週間くらいあったら、ゆっくり細かく見れたのだろうけど仕方が無い。 帰りに9・11の時に飛行機が突っ込んだこともあるペンタゴンをみつめながらバージニアにまた入り帰路につくことになった。
060622.jpg

帰り道に、ちらっと見かけたのが憧れのお店
logo92x33.gif

来年にはフロリダにも2店舗オープンだし、アトランタにもお店はあるのだけどそのアトランタだって車で8時間だしなかなか行くチャンスもなかったのだ。 それがハイウェイ沿いに見えたもんで、これは私のドリーム カム トゥルーだから寄ってくれと立ち寄ってもらった。

なんだ、そしたら子供も楽しいしダンナも見るものたくさんで楽しんじゃって楽しんじゃって。 スウェーデン家具とか小物とか、収納に重なったりなんだかちょこっとした工夫がアメリカで売ってる雑貨と違っていい感じのばかり。 そして値段も安い。 このお店がオーランドに開いたら近くのターゲットやLINEN N’ THINGSとかは困るんじゃないのかと余計な心配をしちゃうよ。
060622(1).jpg

子供がもうちょっと小さかったら、こんなオースティンパワーのドクター イーバルが座ってそうなイスも可愛いかもぉ。

お腹がすけば中のカフェテリアで。 10時までなら朝食コーヒーつきで99セントよぉ、安いわぁ。 私達はランチの時間だったけどキッズミールもドリンク付きで99セントとかだしスウィーディッシュ ミートボールなんかも結構おいしいし。 もう食べ甲斐もあって大満足。
060622(2).jpg

さすがに車に乗せて帰るのに大きさ制限もあるので、小物とかしか買えなかったけど早くお店オープンしてほしいわぁ。。。

結局初日は朝5時出発とかしてたから1日で来れたものの、帰りは買い物までしちゃったので結局このサウス オブ ザ ボーダーというノースキャロライナとサウスキャロライナの境を越えたあたりで1泊。

ちなみにここはメキシコ風にやたらとペドロとかいうおじさんの看板が目立つわりには全然寂れてて。。。 人のいないカーニバルライドやら花火屋さんとかばかり。 昔は流行ってたのだろうか。。。
060622(3).jpg

【EDIT】  19:20 |  trrips  | TB(0) | CM4  | Top↑

ワシントンDC2日目

2006.06.21 (Wed)
2日目は、まずは造幣局にて中のツアーのチケットをもらい、ツアーの時間まで1時間ほどあったので近くのジェファーソンメモリアルへ行くことにした。 予定外だったので予備知識も何もなかったのだけど、3代大統領の銅像がありそれだけかと思ったらおかしなトイレにも出くわし、なかなか予想外の場所だった。
060621(1).jpg

外では夜のショーのリハーサルだとアーミー(米陸軍)の人たちが歌ったり、鼓笛隊の演奏をしたり、ドリルチームまでいたのでラッキーにもそれらを見ることが出来た。 このドリルチームは以前見たMarine Corps(海兵隊)のサイレントドリルチームの方がやはり格段にいい。 海兵隊のは本当に無言で2列に向かい合った24人が真ん中を歩く人の前後にクルクルとナイフの突き刺さったライフルをトスしたりする技とかがあるのだけど、そういった息を呑むような技はしていなかった。 でも聞いて納得。 この人たちは各州から集められた即席のチームらしい。 そう聞くと呼吸は合っていたのかなぁ。
060621(2).jpg

時間になったので造幣局へ。 足がどうも痛いと思って見てみたら、SPAで切ってもらった足の爪の角が隣の指に突き刺さるらしく出血してたよ。 どうりで歩くのが痛いなぁと思ったんだよぉ。
060621.jpg

ツアー中は撮影禁止だったので、手前の展示物で。 子供達が囲んでいるのは10ドル札でのミリオンダラー(100万ドル)でございます。こんなにたくさんなんだねぇ。 ツアー中のガイドさんは、このお金はこれから梱包されてビルゲイツさんに送られるところですとかって冗談かましてたけど、本当に大変な手間だよこの複製されないようにっていう工夫と印刷工程ってば。  
060621(3).jpg

ギフトショップで見かけた、身長を100ドル札で換算するとっていうメジャー。 

ちなみにユウちゃんが100ドル札だったら約114万ドル也
ちなみにケイラが100ドル札だったら約128万ドル也
060621(4).jpg

大金があんな紙切れなのかっていう気分に浸ったあと、スミソニアン ミュージアム オブ アメリカンヒストリーへ。 アメリカ戦争史から車の歴史、ポップミュージックの歴史など各分野で色々な歴史が展示されてた。 大統領特集とファーストレディー特集をしてたので、この辺にトリビアの泉で見たジョージワシントンの入れ歯でもあるのかと探したのだけど、見つけられなかった。 リンカーン大統領の歯型の石膏とかはあったのに。
060621(5).jpg

スミソニアンキャッスルの前。 この辺りはモールと呼ばれていて回りに博物館や美術館、そして主要な建物が並んでる。 ただの広場のように見えるけど、きっとこの地下はディズニーの地下のように色々繋がっているに違いないと予想。
060621(6).jpg

そしてスミソニアンのエアー アンド スペース ミュージアムへ。 ここには昔のゼロワンなど戦闘機から、ライト兄弟の特集からもっと最新の宇宙関係のサテライトなどから航空と宇宙に関するものがたくさんある。 ここはダンナが一番楽しみにしていたところの1つ。 家の他にもミリタリー関係なんだろうなぁっていうような風貌のパパが子供に色々と説明している姿をたくさん見かけた。 逆にベンチに座り込んでるお母さんも。 男の人の方がこういうのは好きだよねぇ。
060621(7).jpg

この後はメトロでバージニア州のアーリントン墓地へ。 200エーカーもの土地にジョン F ケネディー大統領なども眠っていることで有名。 墓地ツアーなんかもやってるほどだ。 私が見たかったのは、Tomb of Unknown(無名戦士の墓)の護衛交代。 ここは名も知れずに葬られた軍人さんや戦士達が葬られているので、24時間アーミー選りすぐり(背丈、ウェストサイズ、足のサイズなどかなりの条件を満たしていないといけないために確立はかなりのものらしい)のエリート陸軍人が護衛している。 

30分ごとに護衛交代のセレモニーをしているのだけど、雨の日も風の日も雪の日も夜中もこうやって命を落とした無名戦士に敬意をしめして護衛しているのだ。 よく軍人さんのお葬式に行くとライフルとかを21発撃つというのからだと思うのだけど、歩数も21歩そして正面を向いて21秒進行方向逆向きになりライフルを持ち替えてまた21歩歩くというのを繰り返している。 完璧でなければいけないのだから、かなりの緊張感なんだろうなぁ。 立派でしたよ。
060621(8).jpg

ケネディー大統領のお墓には亡くなった時から、ずーっと火がともされているらしい。 となりにはジャッキーさん、両サイドには娘とパトリックという名が。 ジュニアはここではないのか。

入り口には女性兵士のメモリアルがあり、中には今も続くイラク戦争で亡くなった軍人さん達の似顔絵と名前などが飾ってあった。 これは写真に撮るのも気が引けるものブルーになるものだった。 見る顔見る顔が20代とかの若い兵士が多く、そこに各地からやってきた家族達がメッセージやらお花を飾っていっているらしい。 中にはお父さんを亡くした子供からの I miss you の幼い字体のメッセージなんかもあったりして、とても目頭が熱くなるような思いだった。 
060621(9).jpg

最後にせっかくだからと、Marine Corps Memorialへ。 硫黄島のすり鉢山にアメリカの国旗を立てているときの銅像なので、私はなんだかアメリカ海兵隊の歴史の時にこの話が引き合いに出されるのがいやな気分になるのだけれど。 
060621(10).jpg

1日前にくれば、ここでサイレントドリルチームのパレードが見れたそうでなんだか前日ホテルのベッドの中でそれを調べたときには、ガガーンとアゴが地面につくほどガッカリしたよ。 しかしワシントンで丸々2日よく歩いたし、たくさん見れたと思う。 子供達にも実際にアメリカの中心を見せてあげれてよかったよ。 
【EDIT】  20:18 |  trrips  | TB(0) | CM0  | Top↑

ワシントンDC 1日目 午後の部

2006.06.20 (Tue)
お昼を食べたあと、今度はメトロでキャピタルへ移動。 ホテルで作ったサンドイッチやおにぎりが減るので荷物も少し軽くなった。 やっぱり炊飯器持参してよかったぁ。 私はこういう時のおにぎりが本当においしく感じたよ。

まずはライブラリー オブ コングレスというやたらと大きな図書館の前を通りスプリーム コートへ。 日本でいう最高裁判所という感じかな? ここはダンナの仕事にも影響するような大きな法律の決め事をしたりするところなので絶対に中を見たいというので中に入る。 中でレクチャーも受けれるらしく前の人たちは今満員なのでと断られていたのだけど、ラッキーにも私達は入れてもらえた。 もちろん金属探知機とかも全て通ってだけど。 

中は大理石って感じの豪華そうな石造り。 色んな人の上半身の石造が飾られてた。 そのまま下へ降りると誰でも入れる展示場のようになっていた。 らせん階段が有名らしいのでそれを見たり、ギフトショップを見たり。 なんか彫り細工と呼んでいいのか、そういう建物の美しさというか手の凝りようにばかり目がいってしまうわ、この辺りの建物達。
060620(9).jpg

その後 US Capitalへ。 日本でいう国会議事堂かな。 ここも朝券を配っているらしい。 私達も中をガイド付きツアーしてもらった。

中は上院と下院に分かれていて内装も違ってた。 なんでもイタリアンスタイルな内装とシンプルな内装とに分かれていたのだけど、どっちがどっちだったのか。。。 思い出せない。 
060620(10).jpg

大きなドームの中にはキャピタルの中の中心(ワシントンDC町全体の中心)というスポットがあって、ここはみんなが写真をたくさん撮るせいか少しへこんでた。
060620(11).jpg

別のドームの中はまず天井を見てビックリ。 天井によくヨーロッパのイメージがあるような天井画が! よく見ると真ん中に座ってるのはジョージワシントン。 平和とかそんなんに囲まれているのだろうか。

そのちょっと下の壁にはコロンブスがアメリカ大陸を発見した時の絵からグルーンと一周アメリカの歴史の絵なのか彫り物なのかがほどこされてた。 ホールの中とかには各州から2名ほどの銅像が飾られているらしい。 フロリダは1体見つけられた。 柱の影にはカメハメハ大王もいて、なぜか人だかりが出来ていた。 服装が他の人と違うからかな。
060620(12).jpg

ギャラリーチケットももらっていたので、私はてっきり何かの展示かと思ったら議会中継とかをされているあの部屋で実際に話し合っている議員とかを見れるというチケットだった。 ふーんと思って見回していると見たことある顔が。 大統領選でブッシュ大統領と争ったジョンケリー議員だ。 誰かとしきりに話しをしていたわ。

その後はスミソニアンの国立自然歴史博物館へ。 何がうれしいってこういった立派な博物館とかが入場無料っていうところがいいよね。 見たいだけ見れるしその分時間さえあればたくさん訪れられるんだもん。

入ると大きなマンモスなのか象なのかがお出迎え。 動物から恐竜から宝石から色々と自然史に関するものが飾られていた。 
060620(13).jpg

ここでの目玉はホープダイヤモンド。 持ち主に災いがという呪いのダイヤモンドらしいのだけど、キレイ。 うわぁ、大きいなぁ、きれいだなぁと見てるのに隣で見ているダンナは夜になるとこの陳列台はきっと下にさがってどうのこうのと全然違うところを見ていた。 同じものも見ているのにこんなに視点が違うのか。
060620(14).jpg

初日は、なんだかんだと6マイル(9キロちょっと)は歩いたよぉ。 途中から自転車乗りたいとか思ったのだけど、途中まで歩いちゃったし建物の中はさすがに自転車禁止だしねぇ。 本当に私達はもとより全部歩きぬいた子供達にも感心したわぁ。 気候もフロリダほど暑くないっていうのがよかったのかもね。
【EDIT】  19:08 |  trrips  | TB(0) | CM0  | Top↑

ワシントンDC1日目 午前の部

2006.06.20 (Tue)
ワシントンDCのことはあらかじめ下調べをしたわけでもなく、とりあえずホワイトハウスとスミソニアンは必ず行こうという程度の予定でいたのにホテルで地図やらガイドをもらったら、なんだかすごくたくさん見所があってこりゃ時間も足りないだろうっていうほどだった。 観光ツアーもあったのだけど、あまり気乗りしなかったのでとりあえずメトロと呼ばれる地下鉄で勝手に行きたいところを巡ることにした。

駅まで徒歩3分とかって感じかな。 まずは切符の自動販売機でオドオド。 日本のみたく券の値段がでているわけでもなく、普通にボタンを押すと20ドルとの表示が出てくる。 いやいや必要なのは$1.35の切符だしと立ち往生。 結局は隣の人の買い方を見て真似しながらなんとか。 1度出来れば元々電車生活をしていた日本人の私には乗り換えだって簡単だ。 だって日本ほど乗り換えも少ないし電車が通ってる駅も少ないんだもん。
060620.jpg

まずは遠いところからでも目立つ ワシントン モニュメントからスタート。 フォレストガンプでこの辺りに人がたくさん集まってたよねぇっていう程度の知識でしたが、毎朝先着順でチケットをもらうとこの中に入って上の方へ行かれるらしいのだけど私達は出遅れたのでチケットは完売御礼状態でした。 しかしなんせ高いので、遠くからも大きく見えるので歩けど歩けど近づかないような不思議なところでした。
060620(1).jpg

ワシントンモニュメントの先にはレクタングルプールという四角いプールのような水があって、その先にはリンカーンメモリアルがあるのでそこまだまた歩く。 ホテルでもらったガイドにはセグウェイレンタルが人気みたいに書いてあったけど1台も見なかったなぁ。 1家族自転車レンタルをしてる人を見かけたくらいで。 自転車レンタルはすればよかったと後からひしひしと感じることになるんだ、この日。

手前にワールドウォーIIメモリアルがあった。 色々な州のタワーと花輪のようなリースがかかったようなものがたくさん立っているような作りで広さにしたらそんなに広いものでもない。 道を渡れば コリアンウォー ベテラン メモリアルとこの辺は色んな戦争やら歴史上の人物を後世に伝えようっていうような建造物が多い場所らしい。
060620(2).jpg

建物のすみっこにこんなイラストも見つけたよ。 なんでも第二次世界大戦中の米軍にはKILROYさんという他の隊から物を盗むのが上手で有名なサージェントがいたそうで、彼が何かを盗って行った後にはこのイラストが残されていたんだって。 そんなんもちゃんとメモリアルに残しているのが洒落っ気きいてていいんじゃない。
060620(3).jpg

さらに歩くと近づいてきたよぉ。 リンカーン メモリアル。 実物はやっぱり大きい、そして造りが凝ってる。 オーランドは新しくどんどん建物が出来てる街なので、こういう歴史の重みを感じるような建物があまりないんだよね。 なのですごく外国にでも来たような気がする。
060620(4).jpg

中にはリンカーンが座ってたわぁ。 これも大きいなぁ。
060620(5).jpg

この建物はペニー(1セント)コインの裏(表なのかな)のデザインにもなっているから、そのデザインで見たことある人はたくさんいるはず。 ちゃーんと拡大ペニーも飾ってありました。
060620(6).jpg

さて、ついでだからホワイトハウスまで歩いちゃおうということになり。 これが地図で見ると結構近そうなんだけど1つ1つの建物が大きかったりして歩いてみると遠いんだよね。 途中近道だと突っ切った芝生の上に日本からやってきた最初の桜の木っていう木々と石碑を見つけたりして思わず日本に出くわしてラッキーな気分になったり。

これだ、これだホワイトハウスと見ていると急にバイクポリスが8台くらい動き出す。 そして私達は後ろに下がってくださいと少し後ろに離れさせられた。 するとトレイラーが来たなぁと見てると騎馬隊やら警察犬やらやってきて、ホワイトハウスの屋上にも踊る大走査線に出てくる特殊捜査隊みたいな服装の人が双眼鏡とか持ってるのが見える。 あやしまれてるのは家のダンナかぁと思ってるとどうやら隣のエクゼクティブオフィスから誰か出てくるらしい。

まつこと10分弱。 バイクポリスとともに黒いバンやらに囲まれてリムジンに乗ったチェイニー副大統領が出てきた。 大統領じゃなかったかぁとガッカリしたような、でもタイミングよく見えてよかったねぇっていうような。
060620(7).jpg

せっかく来たんだから表も見ようと表にもまわった。 途中デモ活動をしているような団体がいたり、その横には先ほど目の前を通って行った車行列たちが。 なんだこんな近くに移動しただけか。 なんかこの辺りの雰囲気はとっても銀座って感じで違和感なくワクワクしてくる。
060620(8).jpg

ホワイトハウスも10人以上のグループなら事前に申し込んでツアーが出来るらしい。 でも家族旅行じゃ10人なんて集まらないしねぇ。。。9・11の前は朝並べばチケットとかもらえたらしいんだけどね。 まあ仕方ないか、それも。
【EDIT】  18:29 |  trrips  | TB(1) | CM0  | Top↑

バージニア→ワシントンDC

2006.06.19 (Mon)
まだまだ時間があったら行きたい所もあるところだけれど、バージニアを後にして今度はワシントンDCへ向かった。 2時間半ちょっとでワシントンに入ったぁと思ったら、結構都会って感じで道がややこしくて入ってからホテルに着くまでがきっとすごい大回りとかしてたんだと思う。 雲行きが怪しかったので、雨が降り出す前に到着したいねって話をしてたのにちょうど大雨が降り始めてしまった。
060619.jpg

ホテルは、DUPONT CIRCLEという所にあった。 地下鉄(METRO)もあるし、便利だろうと思っていたのに駐車スペースの確保が大変だった。 ホテルのパーキングも早い物順。 ホテルの前も夜は停めておいてオッケーだけど、昼間は回りに大使館などが多いからか2時間しか停められない。 とりあえず到着日はホテルの前に停めておいたのだけど、次の朝車を見たら車の前の部分を当て逃げされていたので系列ホテルの駐車場に車だけ移動することにした。 もう、全く大雨に降られて当て逃げされて、ゴーちゃんは大変な1日だったよ。
060619(3).jpg

あんなに大雨だったのに、部屋に荷物を入れ込むと雨が止んだ。 しかしホテルの周りの散歩には晴れていた方がいいしね。 

建物の感じも歴史ありそうな古めかしいけれど、雰囲気のいい感じ。
060619(2).jpg

近くにはスーパーもレストランも結構あった。 ホテルにキッチンや冷蔵庫も付いていたので、朝食やランチの分の食料を買い込んだ。 どうも見たことある雰囲気だなぁと思っていたら、ずいぶん前にまだ旅行会社で働いていた頃に社員旅行でワシントンに行ったことがあったのだけどその時によるご飯を食べにいったところだった。 寿司太郎という名前を見て思い出したよぉ。 なんだか回りにはレインボーカラーのフラッグや飾りつけのバーも目立ち、夜はきっとにぎやかなんだろうなぁ。。。
060619(1).jpg

【EDIT】  20:00 |  trrips  | TB(0) | CM2  | Top↑

ブッシュガーデン

2006.06.18 (Sun)
ウィリアムズバーグには、ブッシュガーデンもあります。 ビールのバドワイザーで有名な会社が経営しているテーマパークで、フロリダにもタンパのブッシュガーデンとオーランドのシーワールドがあるのでそっちの2つは行ったことがたくさんあるけどバージニアのは2回目。
060618(4).jpg

はりきりすぎて、開園時間も確認せずにホテルを出てしまったのでブッシュガーデンの駐車場に着いたのは午前9時10分。 開園時間を聞くと10時だって。 信じらんない、どうするよ1時間と思っていたら、そのままチケット買ったら入れちゃった。 どうやら手前の方だけは9時半に開くらしい。 チケット売り場でダンナが“ミリタリー?(軍関係者?)”って聞かれた。 違うけどと答えると今ならアメリカンヒーローということで米軍で働いてる人は入場無料なんだって。 きっとダンナはそう見えたんだろうね。

ここのブッシュガーデンはアフリカがテーマのタンパと違ってヨーロッパがテーマ。 入るとするそこがイギリスになっていて、ちょっと進んだスコットランドに身長測定をする場所がある。 ここで子供達は身長を測ってもらって、身長ごとに色別の腕にはめるバンドと同じ色の紙をもらう。 ユウちゃんは黄緑、そしてその身長で乗れる乗り物が書いてある紙をもらった。 写真は少しでも背が高くなるように指の先までピンと伸ばしたユウちゃん。 なんと7歳から大人料金というだけあって2つ以外は全部乗れるんだって。 これは結構いいよね。 ディズニーとかでもユニバーサルでもいちいち係りの人に確認されるもんね。
060618(5).jpg

イタリアにはウォーターライドが。 並んでいたら故障らしいのでしばらくお待ちをというアナウンスが流れ、それと同時に40人くらいが列から抜けた。 と思ったら“はい、動きます”とのアナウンス。 ラッキーなことにすぐ乗れちゃったよ。
060618.jpg

ケイラが見たいというショーがあるので、そのままアイルランドへ。
060618(1).jpg

アイリッシュダンスといって、LORD OF THE DANCEが割かし知られているタップダンスのように足をけり鳴らしたりするのに手は動かさないみたいな踊りのショーを見に行った。 アイルランド音楽も生演奏なので、タイタニックで使われているような音色の曲や曲調で結構楽しい。 踊ってる人(写真だと1番左)もジャスティン ティンバーレイクに似ていた。 ケイラは早速習いたいというほど気に入っていたよ。
060618(2).jpg

ここにはもう1つ4Dライドがあり、次は動物のエリアを抜けるとフランスへ。
060618(3).jpg

ニューフランスでは、自分で好きな白いキャンドルを選び、色々な色の溶けたロウの中につけては、水につけてっていうのを繰り返したりして好きな色のキャンドルを作れるというギフトショップがあったので子供達はチャレンジしてみた。 隣には楽焼もあったのだけどその日に持って帰れないので、こっちにしたけど簡単だし楽しいし失敗はなし。
060618(7).jpg

フロリダと何が違うって、バージニアにはがある。 歩いていても坂を登ったり降りたり。 平地を歩いているのとは違った疲れが出てくる。 でも山のような雰囲気と木々と川なのか池なのかに囲まれた自然タップリのテーマパークで本当に気持ちいい。 コースターに乗っても、水に落ちちゃうんじゃないかっていう勢いで急降下したり景色がすごく新鮮。 驚くことにケイラもユウちゃんも逆さまになったりするコースターに乗れるものは全部乗った。
060618(6).jpg

ドイツにはビアハウスもあったよ。
060618(8).jpg

しかし、このパークで1番驚いたこと。 ダンナの同期生でフロリダ北西部に住んでいてお互い卒業してから1度も会ってなかった人に、コースターの乗り場でバッタリ会ったこと。 よく分かったよねぇと同時に、よくも同じ日の同じ時間にこんなバージニアのパークの同じ乗り物にいたよねぇっていうのに驚くよ。 子供達の年齢も近かったので一緒にショーをみたりしてお別れしてきたのだけど、閉園の9時半までタップリ遊んだよぉ。
【EDIT】  19:18 |  trrips  | TB(0) | CM0  | Top↑

Colonial Williamsburg

2006.06.17 (Sat)
コロニアルウィリアムズバーグという町は、ジョージワシントンやトーマスジェファソンなど初代大統領となる前のワシントン大佐とかの時代に生活をしていた町で、この後独立戦争なんかが行われたりするのでアメリカにとっては歴史的な意味の濃い建物も多くて、建造物も町並みも当時のままにと管理されているところです。 ここに隣接しているジェームズタウンとかヨークタウンもそれに近いらしいのだけど、今回はコロニアル ウィリアムズバーグに行ってきました。

実はまだ子供も生まれる前、ノースキャロライナに住んでいた時にも来た事があったのだけど、その時は本当に黒人の子供が何人も並べられ奴隷オークションとかまで再現されていたり、広場の真ん中でブタが丸焼きにされたりしていたのでそのイメージがすごく強かったのだけど、それらはその年に1度だけ行われただけのイベントらしくて今回は見れませんでした。 その代わり行われていたオークションでは、ちゃっかりLENOXの器とかが落札されてました。 (これはなぜ?)
060617.jpg

道も舗装されてないので、土か細かい貝殻が敷き詰められ、馬車が走り畑が耕され色々なお店が中にあるのだけど靴屋さんも織物屋さんもみんな手作業。 町行く人も当時の服装に身を包み、当時のまんまのようなことを口走るの。 モヒカン頭の若い男の子がすれ違えば、どこのトライブのインディアンが紛れ込んだのかと言い出したり。 ここで働くには歴史のお勉強もタップリ必要みたいです。
060617(2).jpg

ありがちなギロチンとかも残ってるし、
060617(1).jpg

水だって雨水をくりぬいた木の幹に溜め込んで、こんなバケツで運ぶのよ、重たいから持ってみなさいよとユウちゃんにのせたら、ちょうど背の高さとピッタリで持ち上がらなかった。。。
060617(6).jpg

当時の議事堂からパレスまで行われる鼓笛隊のマーチ。 なんだかこの頃の服装を来た子供達っていうのも可愛いよね。 馬糞をものともせずにピロピロ笛を吹きながら行進していく子供達ってばサスガ!
060617(3).jpg

トーマスジェファーソンも住んでいたというお宅。 壁紙が本皮に彫り細工がしてあるものだったり、結構贅沢。 入ったところには拳銃、ライフル、ナイフなどが自慢気に飾られたりしてたのは時代の違いかしら。 広いものだから、中にはちゃんとヅラ部屋だってあるくらい。
060617(5).jpg

2時半になると“レボリューショナリー”という再現ショーが始まった。 これはイギリス本国とアメリカ東海岸のイギリス領との間のアメリカ独立革命が行われるまでの長い年月を2時間という、ショーとしては長い時間をかけて役者さんが再現していくというもの。
060617(4).jpg

「最近物価が上がったわよねぇ。」という主婦達の会話から、生活に苦しんだり夫を戦争で無くした人の話から、場所を移動しながらどっち派だとかって話をしたりっていう事をするんだけれど急にユウちゃんが、「あなたはどっち派?」とか聞かれちゃっても本人うつむくばかり。

あまりにも疲れていたので、2時間の最後の方は見れなかったのだけど(だったら最後だけ見ればよかったか)結構広くてビックリ。 ジェームズタウンとかにも行ってみたかったけど、ここだけで充分お腹いっぱいってほどお勉強になりました。
【EDIT】  18:37 |  trrips  | TB(0) | CM0  | Top↑

オーランド→バージニア 車移動日

2006.06.16 (Fri)
朝5時起床。 

片道約12時間+トイレ休憩なので、1日で目的地に到着しようと思ったらこんな早朝出発となってしまいました。

途中、叔母の家に猫を預けてI-4からI-95というハイウェイを乗りついで北上。 今回役に立ったのは、なんといってもDVDプレーヤーとクリスタルライトとかから出ているOn The Go とかいうウォーターボトル1本分の粉末アイスティーとか粉末レモネード。 ただの水に粉を混ぜてシェイクしたらアイスティーっていうのが子供達には簡単で、何度でもやりたい事らしい。

I-95はハイウェイなので途中のレストエリアがあるけれど、トイレとスナックマシンだけなので途中の出口で何度か降りてガソリンを入れ、ガソリンスタンドのトイレに入るというのを繰り返す。 そこで!!!っていうトイレに出会った。

もう、見た方が早いと思う。 これ。
060616.jpg

便器自体は普通なんだけど、女性用トイレを開けたらこんな風に横並びって普通無いよね。 せめてついたてでもないと、男性用だって便座と便座の間には壁があると思うのに。。。 家族とかでないと、友達同士だって使いづらくないか? な?

フロリダ-ジョージア-サウスキャロライナ-ノースキャロライナ-バージニアに入り、途中で東に向かって運転していくと目的地のウィリアムズバーグに到着。
060616(1).jpg

ホテルにチェックインして、この日はご飯を食べて長い長い運転の日は終わり。

しかし、この旅の途中私はまた!!!なトイレに出会うことになるのだ。 もうこの日の事じゃないけど、トイレついでに出しちゃいましょう。 ワシントンDCのジェファソンメモリアルの中の女性トイレなんだけど、扉を開けたらこれ。
060616(2).jpg

私がカメラを持って立っているところは手を洗うところ。 ドアを開けて入ってきた人もビックリ、用を足してる人もビックリ。

世の中色々なスタイルのトイレがあるものだわぁ。。。
【EDIT】  18:24 |  trrips  | TB(0) | CM2  | Top↑

ベースボール 閉会式

2006.06.15 (Thu)
なんだかずいぶん遠ざかっていたベースボールフィールドへ夕方集合してきました。 今回はリトルリーグのクロージングセレモニー。 春のシーズンが終わったので、その閉会式みたいなものかしら。

本当に、これ以上ないっていうくらいに最低限しかセレモニーの打ち合わせがないんだろうなって位、司会の人も不慣れ。 マイクで話してたと思ったら、そのマイクで人を指差したりするものだから聞こえませーん。 何々担当の誰々さんとか紹介される人も、呼ばれてからどこか遠くから来るようでただでさえ暑くて風のない今日はダレる。

子供が楽しみなのは、この最後に1人ずつもらえるトロフィーだよね。 Tボールから、コーチピッチ、マイナー、メジャー、ジュニア、シニア(それでも60歳とかじゃないよ、中学生くらい)までの全プレーヤーが1人ずつ名前を呼ばれてもらえるの。
060615.jpg

まさか名前まで入ってないよね、これだけ用意するんだからぁと言っていたパパ達の予想をはずし、しっかりフルネームでの刻印入り。 結構立派じゃない。
060615(1).jpg

週4回は会っていたチームメイトとも久しぶりに会って、子供達は走り回って遊んでたよ。 でも男の子だからハグとかしないのね。 横に手を出して“ヘイ!”って感じでペチーンって手を叩くみたいな感じの挨拶でさ、照れくさそうな感じが可愛いの。
060615(2).jpg

別チームの学校のクラスメイトにも会ったので記念写真。 

ダンナといえば、会う人会う人に自分たちは明日からバケーションなんだよねぇと話題をふっていた。 どうやらすごく楽しみにしているらしい。 

明日の早朝からバージニアとワシントンDCへ行ってきます。 ラップトップないので、更新は多分帰ってきてからになると思います。 気をつけて行って来て、たくさん写真を撮って帰ってきますね。
【EDIT】  20:24 |  Classes  | TB(0) | CM5  | Top↑

夏のお仕事

2006.06.14 (Wed)
先週、空港まで送っていった友達から留守中に言付かったことがチラホラ。 6週間もの間、家の中が留守になるので留守中何度か家のチェックに行って、車のエンジンをかけたり、郵便を転送してもらって支払いが必要なものには支払いを済ますとかっていう程度のことなんだけどね。

今まではしてあげたことがなかったので、今年の夏は初めてその任務に就くわけで早速チェックに行ってきました。 確かに留守中の間の家とかのことは留守が長くなれば長くなるほど気になるものだよね。 

行ったついでに、せっかく買ったDVDプレーヤーのモニターが1つ付かなかった不良品だったのでターゲットまで返品しに行って別のお店で買ってきたよ。 今度はバッチリ! 今度のはヘッドフォン付きだし車の中は静か~。 私は私でCD聞ける。 帰り道は早速かりたKAT-TUNのライブビデオを見て帰ってきてたよ、子供達。

家の留守中のことといえば、たかだか1週間ほどなので人に頼むと言えばコイツの世話くらいか。
060614(1).jpg

1日2日なら置いていけるんだけどねぇ。 ということで、ピーナツも叔母の家にお泊りに行く事になりましてキャットフードやら荷造りをしてお泊り準備も完了。 

本人は知らないけどね、叔母の家には猫が4匹くらいと犬もいるので楽しくて帰りたくないってなるかもぉ(かすかに期待)。
【EDIT】  20:14 |  未分類  | TB(0) | CM0  | Top↑

バケーション準備その1

2006.06.13 (Tue)
昨日は、1日雨にもかかわらず友達の家でお食事&山Pの“抱いてセニョリータ”のDVD鑑賞会をしてきましたのよ。 
jecn95.jpg

初回限定版を高いお金を出して買った友達が、気づいたら日本のDVDを見れるプレーヤーを持ってないっていうので家からプレーヤー持参で。 なんだかここ1年でずいぶんと逞しく男らしくなったねぇと見とれてたんだけど、ユウちゃんはDVDの中のケンカがどっちが勝ってるかとか変な所を気にしてたねぇ。 もうちょっと髪の毛伸ばさないとって改めて山P改造化計画に本腰入れてましたわ。

そのままユウちゃんはお泊りだったので、今日はその引取りにフロリダモールまで。 1日会ってないのに同じに見えると思ってたら、昨日と同じ服を着てて着替えもしなかったらしい。

今年はまだアバクロもホリスターも夏物セール始まってないよ。 もうやらないのかなぁ。 子供のアバクロジーンズは$60→$20とかに下がってはいたけど、大人だとセールで$90とかなもんで確実に躊躇しちゃうよね。 日本の感覚だったら普通なのかもしれないけど。 なーんかおかしいなぁと思いつつも、自分の服よりも子供の服の方が優先されてしまうのよね、我が家の家計。

そのまま金曜日からのバケーション準備の買い物へ出かけた。 まず、ダンナはあまり洋服を買わないので少し買い足す。

そしてこれは大きな買い物。 車の中で使うDVDプレーヤーとモニター2つのセットを買ってしまいました。 多分1日目の運転時間は10時間+トイレやガソリン休憩。 となるとかなり車の中も暇だよねぇ、かといって飛行機で行っても向こうでレンタカーしたり荷物をいちいち運び出したりっていうのは面倒くさいし。 ゲームボーイとかもあるけど飽きるだろうし。

ということで買ってしまったんだけどね。 まだ取り付けてないのでどうか分からないけど、ゲームやビデオもつなげるらしいのでGAMECUBEとかも持って行けば、子供達は退屈しないかなぁと思ってるんだけど。。。 運転席と助手席のヘッドレストの裏にモニターがくっつくんだけど、あれはヘッドホンとかなしだと運転中うるさいのかなぁ。 ヘッドホンは買ってないんだけど。

あと長距離ドライブにはどんなものが便利なんだろう。 ケイラはオナラ用に消臭剤とか言ってるけど、狭い車内でオナラとスプレーの両方混ざるのも逆に臭そうだしなぁ。。。
【EDIT】  20:37 |  ...fun  | TB(0) | CM6  | Top↑

麻雀にでお餞別

2006.06.11 (Sun)
久々というか夏休みにはいって初めてジャラで集まった。 次の日から日本へ行ってしまう人と、平日は仕事なので週末しか遊べないという人とうまく都合があったので。

久しぶりだし、休み中だから子供もワンサカどうなることかと思ったら。

まあ麻雀は日本へ行く人の大勝。 1人は大量の架空の借金を抱えたままで試合終了となった。 借金といってもあくまでも点数借金なので何がどうというわけではないのだけど、悔しいのよね。

で、子供はというと下は7歳から上は今度ハイスクールの2年生(だったかな?)までの男女が合計10人集まった。 男の子はユウちゃんの次に大きいのが今度ハイスクール(日本だったら中2)っていうほどの年の差。 女の子も9歳から同じく今度ハイスクールって年までのばらつき。 これが1度もケンカをせずに仲良くみんなで遊んでた。

PS2をユウちゃんの量側におにいちゃんたちが座って順番にしてみたり、みんなでトランプやったりかくれんぼしたり、コンピューターを見てみたり。 あんなにボーイズはいやだとか言っていたケイラでさえ、○○君はみんなにスーパーボールをくれたりして優しいんだよとか言ったりしてた。

実は前の日のガレージセールででも下はそれこそ幼稚園に上がる前の女の子から今度ハイスクールっていう年の男の子までいたけど、みんなで水遊びしたり雑魚寝で寝たりして。 

そんなの見てて他のお母さんと、私達が日本に住んでてもこうやって子供達みんなで遊んだりするのかなぁって話になった。 日本だったらどうだろう。 ここなら車に乗れないから親がどこかに運んでくれなくちゃ移動も出来ない。 なので家の中とか回りでそこに集まった子が遊ぶって自然。 でも日本だったらお姉ちゃん、お兄ちゃんたちは電車とか乗ったりチャリで色々出かけて行ったりして同じ部屋で遊んだりしないかもねぇって。

自分が中学、高校生の時に幼稚園児や小学校の低学年の子と遊ばなかったからっていうのの勝手な想像だけどさ。 でも日本も小さい子供を殺しちゃう子供や大人とか逆に親に手を上げる子供達もいるって、新聞とかでもよく出てるよねぇ。 なんだか私が渡米した頃は安全な国の日本から、危険な国アメリカに引っ越すんだぁって緊張してたのを覚えてるけど今は日本に行く時に子供の心配しちゃうもの。 小さい子供の留守番中での事故とかも、フロリダだったら小さい子供の留守番っていうのがまずは幼児虐待の罪になっちゃうけど、日本だったらそのへんの子供の留守番だって当たり前に子供達がこなしちゃってる事なんだろうし、ただ自分がそういう風に考えられないっていうだけで。 

育ってる環境が違えば、当然だという常識も違ってくるから良し悪しの問題ではないけど、なんだか昨日の子供達が一緒に遊んでる光景はなかなか見ていて平和な感じでよかったんだよなぁ。。。
【EDIT】  09:01 |  ...fun  | TB(0) | CM2  | Top↑

MOVING SALE

2006.06.10 (Sat)
2日間、ほとんど同じことしてたのでまとめてアップです。

金、土と私は来月引越しする友達のお家のムービングセールのお手伝いに泊りがけで行ってましたの、また。 彼女の家はダンナさんがすでに単身赴任で行ってしまっているので、彼女と子供と生活中。 だもんで売りたい物あったら持って来ながら手伝って、夜は飲み会というので何を食べよう、何を飲もうとそっちばかり考えながら行ってきました。

冷蔵庫やベッド、ソファなど大物も売るのだけれど、意外と即決で決まっていくのね。 広告出したわけでもなく、ただ外の通りに矢印のついた看板立ててただけなのに、来るわ、来るわ。 

これって売れるのかなぁって変なものが売れたり、逆に結構値段つけてもいけるかなって物がそうでもなかったり。 途中で私は売りたかったものが結構低い値で言われるので、だったら売りたくないとひっこめちゃったりするほどよ。

結構汗ダクダクで売っていたので、その後の1杯はおいしかったよぉ。

その日の晩は、彼女の家にある食材をどんどん使ってくれというのでそれに少しずつ何かを足して、バタバタっと揚げ春巻き2種、揚げ餃子2種、サラダ、味噌おでん、焼きとうもろこし、枝豆、他とあっという間につまみが完成。

次の朝は9時開店で早いよぉと言っているのに5時すぎまでKAT-TUNの“お客様は神サマー”と“Summery”とか見ながら、ジャニーズ談義に花を咲かせ。 夜更かししてジャニーズ話なんて高校生の頃から変わってないじゃんってレベルだよね。

睡眠4時間でガレージセール2日目もこなし、昼ごはんも夜ごはんも彼女の家の食材で料理するする。 スゴイんだよ、タイカレーあったかと思えば、手作りシューアイスや杏仁豆腐、チョコケーキに麻婆丼ともう何でもありの食堂並だったよ。 

先ほど帰ってきたのにまだ目はギンギンに。 なんだか旅行とかだと寝たら勿体ない気がして眠れないんだよね。 それとも活発化した胃のせいで寝れないのかな。 いやぁ、今晩はゆっくり寝るぞぉ。060614.jpg

【EDIT】  20:25 |  Tameiki  | TB(0) | CM6  | Top↑

Happy Birthday!

2006.06.08 (Thu)
今日はケイラの誕生日! 

早いねぇ、妊婦時代がちょっと前のような気がするのに10年以上経っちゃいましたか。

バースデーパーティーはもうすでにしているし、プレゼントは無しだという事だったのですが無視というわけにも出来ず。 結局かなり前から欲しがっていたEtnies(エトニス)のスニーカーを買ってあげて、夜ご飯も食べに行くという結局パーティーとプレゼント選ばせたのに両方かいってな結果となってしまいました。

今回いただいたプレゼントのほとんどがギフトカードだったので、自分の欲しかったものは私達親に頼まずにも買えたりするようでMP3プレーヤーもおねだりしていたのに自分でもらったカードで買いましたよ。

ipodとかには手が届かなかったけど、子供だからそんな高機能でなくてもいいよととりあえず音楽聴けて、録音できるっていう普通のを買ったんだよね。 結構色んな色が出てるらしいのだけどBESTBUYだと白、ターゲットだと赤って扱ってる色が違うらしくて。 通販だとピンクだの緑だのあるのにねぇ。
71355088.jpg

その後もギフトカードのあるお店に買い物に行き、何着か服も買ってきましたよ。 アバクロとかも去年の今頃は夏物セール真っ盛りだったのに今年は遅いね、まだ夏物セールって感じの店内ではなかったわ。 店の奥に多少セール品がある程度。 もう一声下がれって感じだし。
060608.jpg

その後、本人のリクエストでTONY ROMAへ食事に。 あんまり行ったことないお店なのにねぇ。。。 リブ食べないで海老フライ食べてたから、どこでもよかった気もするんだけど。 ダンナも好きだからいいんだけどね。

でもさ、どうしてこうやってリブとか食べる前のお腹すいてる時にドリンクとパンを持ってくるんだろうね、アメリカのステーキレストランもそうだけど。 自分の食べ物くる頃には腹ふくれてるんですけど。
060608(1).jpg

ここは誕生日でも歌を歌ったりっていうのはしてくれなかったけど、お土産にTONY ROMAのバーベキューソースをボトルで1本と、次回に使える前菜無料券をくれたよ。 

たまたま隣あわせに座っていた方もお誕生日だったようで、しかも82歳。 そのおばあちゃんからとお互いに“ハッピーバースデー!”とお祝いしあって、“私みたいに長生きするのよ”とメッセージまで頂きましたよ。 帰り道の車の中でハッピーバースデーの歌を歌って本人ご満悦。 これからの成長も楽しみだわ。
【EDIT】  07:16 |  Raising children  | TB(0) | CM8  | Top↑

ちょっとうれしかった事

2006.06.07 (Wed)
今日は夏休みにはいって休んでいたバイトに2週間ぶりに行ってきた。 やっぱり2週間あくと、自分でしているつもりでも何かやり忘れていたりとかってあるよね。 一応夏休み中は主婦は子供と一緒だし、ランチはそんなに忙しくないだろうとタカをくくっていた私。 始まって少ししたらいきなり同時に何組か来てしまって、えええ?!調子が狂っちゃうんですけど。。。

一応頭の中では、行ったついでにあれして、これしてって考えるのに途中に声をかけられたりうまく自分の進めたいようなタイミングで事が運ばなくてお客さんをお待たせしてしまったりとかする。 そうすると“あ~、すいません、申し訳ありません。”って気になってしまって。

というわけで、結構ドリンクのお替りとか行き損なっていたりして私の気遣い足りなくてすいませんって感じの1日だった。 それなのにちょっとうれしい事がありました。 

私が他の事をしている間に店を出てしまったお客さんとか急いでるからっていうお客さんだったので、きちんとサンキューとかって挨拶を出来なかったのにお会計の紙を取りに行ってみて気づいたこんな心使い。
060607.jpg

置いていく伝票に、「また来るね」とか「ありがとう」とかの一言。 変わったところではお箸の横にも「ありがとう」の一言が。 

そんな、こちらこそありがとうです。 ちょとうれしいよね、こういうの。 ということは私も外で食べた時にこの手は使える。 忙しそうだったりしたら一言残しておけばいいんだもんね。 クレームとかが書いてあったらすごくへこむけど、お礼なら絶対悪い気しないもん。
【EDIT】  19:30 |  Work  | TB(0) | CM4  | Top↑

我が家の家族旅行計画

2006.06.06 (Tue)
夏休みにはいって、あっとういう間に6月になってしまった。 日本への里帰り組はどんどん旅立っていっているし、残り組もサマーキャンプへ子供をいれたりそれなりにしてるみたい。

私もそれなりに行動はしてるんだけど、このままじゃ夏休みがもったいない。 長い夏休みも滞在期間が限られている駐在員家族のような場合は、ここからヨーロッパへ行ったり国内回ったりするのだろうけど、永住組は日本への里帰りに夏休みを使うとそれ以外に米国内をまわるってなかなか無理な話だよね。

今年は私も居残り組なので、今年こそ州外へ旅行で出たことのない子供達を連れてアメリカ国内を旅行してみたい。 家の子達は、旅行も近場のビーチとか他の州で行った事あると言い張っているのも、飛行機の乗り継ぎで通った空港くらい。 

なによりも、時間がない、時間がないとダンナが言うもので。 夏から中学にあがるし段々親との旅行とか楽しまなくなるんじゃないのかって言うもんだから今年はぜひとも行ってきます。

一応考えているのが、ワシントンDC。 ちょうどユウちゃんとかも勉強とかしたりするし、あそこはスミソニアンとかも無料だし、ホワイトハウスとかも見ておいていいかなぁって思ってるんだけど。 ニューヨークとかにも行きたいけど、だったら大人だけで行きたいなぁなんて思ったりして。

考えてるだけで夏が終わらないように早く計画たてなくちゃ。
【EDIT】  12:35 |  ...fun  | TB(0) | CM4  | Top↑

ブリザード ビーチ

2006.06.05 (Mon)
今日はパパの仕事が休みなので、まだ筋肉痛(着物着て筋肉痛ってあり得る?)の体に水着を着てディズニーのブリザードビーチに行ってきました。

この間のターフーンラグーンに引き続き、あと1回行けばもう年パス値段の元は取れる計算。 順調、順調。 

雪山のマウントガッシュモアが真ん中にそびえたち、その回りにプールやスライダーが所狭しと点在している感じなのでパーク内はスキーリゾートのような雰囲気。 ほら、雪だるまもいるでしょ?
060606.jpg

前回はユウちゃんがリフトの上で寝てしまい、大きなフロートに乗って滑り降りてくるスライダーに寝たままのせて降りてくるといった事をしたのに今回はキッチリ起きてました。

怖がりのケイラは大きなスライダーを見ただけでお腹が痛い気がするとか言い出すのに、ユウちゃんは意外と怖いものなしなようで背が足りなくて出来ない一番急な坂を滑るというか落ちてくるスライダーまでやりたがる。

私が一番好きなのは、マットの上にお腹を下に寝転び他の人と競争するスキー競技のスラロームとかが元になってるようなスライダー。 2回もやったのに勢いが足りないのかフィニッシュラインに届かず。。。 なにかコツがあるんだろうなぁ。
060606(1).jpg

途中で眠くなりプールサイドのイスで寝てしまい、今は顔のほっぺたがヒリヒリしちゃってます。 日焼け止め塗ったのになぁ。
【EDIT】  19:13 |  Parks  | TB(0) | CM4  | Top↑

演奏会続き

2006.06.04 (Sun)
さてさて、着物を脱いだり片付けをしホテルでジャグジーに入るぞぉと楽しみにしていたのもつかの間。 その後なぜか太鼓の大御所達と宴会に行くことになり。。。

ノースマイアミビーチにある朝4時までやっているというジャパニーズレストランへ。 これがすごいメニューの種類の量でまるで日本の居酒屋さんみたい。 違うといえばサワーなど焼酎類のドリンクがないという感じで色々なメニューと営業時間の長さがオーランドと違うねぇっていった印象。

食べものもみんなで色々すこしずつ食べる感じだったので、本当に日本の宴会のように楽しくて。 私もそうだけどよくお皿に残った最後の1切れとかって残すでしょ? なんか人にどうぞって言ったり言われたりしても誰も手をつけずって。 あれって大阪ではそうならないって話を聞いて軽くビックリ。 それを見て大阪のファンになったという話をきいたのだけど、あれは国民性でなく出身地で違ってたのかしら。

睡眠3時間でのこの日。 ホテルに戻ったのは朝3時過ぎ。 プールも閉まっているし、ベッドに横になりお話とかするのかと思ったらみんなすぐに寝てしまって。。。 なんだかホテルの思い出余りなし。

朝起きて食べた朝食くらい。 その後そばにあるソーグラスミルにも寄ったのだけどお目当てのアバクロ アウトレットは潰れてたし、来た意味ないじゃんとオーランド子供達を2日間みてくれた友達にお土産を買って帰ってきた。

子供達を2泊で見てくれたり、映画やプールで遊ばせてもらったりして本当に友達には今回お世話になりました。 子連れ主婦の遠征には子供をどうしようっていうことが常に考えなくてはいけないからね。

しかし今までで一番疲れた演奏旅行でした。
【EDIT】  08:34 |  trrips  | TB(0) | CM4  | Top↑

ザ 日本 in Florida

2006.06.03 (Sat)
2時半までビデオを見ての5時半起きで寝不足気味のままオーランドを7時ちょっとすぎに出発。 そのまま車に乗ること約3時間半で目指すBroward Centerに到着。 最初はよこのもっと小さい建物かと思っていたのに、実物は想像よりも大きくてビックリ。

中に入ると忙しそうに府州太鼓の面々や祭座の面々がもう練習をしたり色々チェックをしていました。 お琴も今日は全員で8人。 オーランドから3人、マイアミ、サラソタ、メルボルン、フォートローダーデルとフロリダ各地から集合しての8人なので全員揃っての合奏練習はここでのリハーサルが最初で最後。 今日は歌手の人も入るのだけど、それこそ会うのも初めて。 最初のリハーサルは全然合わず。 今日は普段は第一琴と第二琴の合奏なのに、それに十七弦も加わるので普段聞きなれない音が聞こえたりすると私はどこにあわせていいのか焦ったりして、それがきっちりと自分の弾いてるパートのリズムを遅らせたりしちゃって マズイかも。。。 っていう不安もよぎったりして。 
060603.jpg

なるべく華やかにということで、今回も2人の子持ちの三十路の女2人も振袖着ちゃってます。 今回は美容師さんが髪の毛とか人によってはお化粧も手伝ってくれたので、みんな頭も少し大きめにつくり私の髪の毛も少し琉球風。 もう、晴れ着ショーの舞台裏みたいよね。
060603(2).jpg

今日は3時半と7時の2回のショー。 今回はアメリカでの太鼓ルネッサンスということで、アメリカで日本太鼓を広めることに貢献した第一人者 サンフランシスコの太鼓道場の総長 田中先生やオーランドの祭座の石倉先生をゲスト演奏者として、今は亡き府州太鼓の創立者のよしこケーンさんに捧げるショーだそうです。 そこに日本舞踊、お琴、尺八、琵琶、空手、のパフォーマンスが加わりそれを1つのストーリーにストーリーテラーの方がまとめていくといった感じでしょうか。 (実際には見ていないのであくまでも楽屋裏で聞こえたりする音や声からの想像ですが。。。)
060603(3).jpg

私達は途中休憩の後すぐの演奏でした。 演奏は“さくらに寄せる幻想”の1曲なんだけど、どうもみんながんばりだすとファンタジーの様に聞こえないほど大きな音になってしまうのでそこを気をつけようねとステージにあがりました。 相変わらず演奏中の写真は今のところ1枚もないのだけど、いつもより化粧濃いし着物がビューティフルとか後からたくさん聞いたので、見た目はかなりビューティフルだったのではないかと。。。

私達の先生は、他にも弁当BOXという太鼓と一緒のコラボや尺八と一緒に日本舞踊の千鳥という曲の生演奏、生唄も発表していました。 どうしても見たくて舞台の一番後ろまで走って見たのですが、やっぱりステキ。 日本でも見たことないようなショーをアメリカで見てるのが不思議。
060603(1).jpg

演奏が終わってからは、招待客オンリーのレセプション。 私達はドアの外に立ち、グッドイーブニング!とか笑顔で声をかけるなどをして、その後やっと一段落でパーティーフードにもありつけました。 もうこの頃には腰や足が痛くて痛くて、座りた~いというのが正直な気持ち。 もう時間も11時近かったし。
060603(4).jpg

先生と今日お琴の演奏とストーリーテリングで気の休まる時がなかったストーリーテラーの方と記念写真。 すごく話術も上手で、普通の話もおもしろくてもっと時間があったらいいのになぁという感じでしたね。
060603(5).jpg

というわけで無事にパフォーマンスも終わり、色々な日本の芸事を見ることも出来て確かに勉強になる1日でした。
【EDIT】  07:40 |  Classes  | TB(0) | CM0  | Top↑

お祭りフードで誕生日

2006.06.02 (Fri)
今日は午前中はずーっと家の事をやりつつ、午後からギフトカードを使いたいケイラと買い物に出た。 なんだか人にねだる時はあれこれ言うくせに、自分のお金だと結構慎重に買いたいものを吟味してたわ、あの子。

MP3を買いにいったのに、ゲームコーナーでGUITAR HEROとかいう太鼓の達人のギターバージョンみたいなゲームを試してみたら、今度はそっちが欲しくなったり。。。 結局お財布だけ買ってたね。

午後からは、もうすぐ日本へ里帰りをする友達の誕生祝いに行った。 いつもいつも面倒をみてもらっていて、今回も明日からお琴の演奏で泊りがけなので子供達をお願いしたりして本当にお世話になってる人なので。。。と思いつつも結局お祭りかいっていうようなテキヤさんメニューになっちゃいました。

タコ焼きと焼きそばと焼きとうもろこし。 それに茹でダコやズッキーニの炒め物、きゅうりの漬物などが微妙に少しずつ加わったって感じなんだけど。 日本で500円でゲットしてきたたこ焼き機、結構重宝してますねぇ。 タコの嫌いなユウちゃんたちには中身をホットドックとチーズとかにして、どちらかというとチーズドックに近いような物にして食べさせた。 んでもって食べた。
060602.jpg


デザートにもフルーツポンチと、果物とケーキを用意して。 ケーキは今日はコーヒーフレーバーのスポンジにして、生クリームには市販のキャラメルのサンデーシロップを混ぜてキャラメル風味の生クリームに。 結構たくさんいれたからか、風味はキャラメルなのに微妙に分離する手前って感じのクリームになっちゃったんだけど。 イメージ的にはキャラメル マキアートって感じだったんだけど。
060602(1).jpg

さてさて、これから私はパッキングです。 明日は府州太鼓というマイアミの方で活躍する太鼓の人たちの舞台でお琴を演奏します。 早起きだぁ。。。
【EDIT】  20:28 |  ...fun  | TB(0) | CM4  | Top↑

もうチェックアウト

2006.06.01 (Thu)
ファミリーリゾートだけあって、食事はディナーも朝食も大人がバッフェとかを食べれば一緒にいる子供は4人まで無料で食べられるというシステムがある。 それ以上いれば大変だけど、家は2人しか子供がいないので充分この恩恵を受けれる。 このホテルにはコンビニから、SUBWAY、PIZZA HUTなどのお店がフードコートにもあるし、そのほか2つのレストランがある。 私達はこの中のバッフェスタイルで食事を食べられるレストランの方へ夜も朝も行った。

色々注文するよりも、子供達も好きなものを取って来ればいいだけだから無駄がないし。 ユウちゃんはたくさんあるシリアルのディスペンサーから自分の食べたい分だけ出そうと思ったら、機械がとまらなくてパニクっていた。
060601.jpg

朝ごはんの後は、やっぱりプール。 本当にこれが私達の部屋の外景色だったのだけど、このプールとウォータータワーの他にジャクジー、バスケットボールコート、ミニチュアゴルフコース、ビリヤードなどがあり、もう1つのプールにもスライダーとかがある。 のでほとんどの人は昼間テーマパークなどに行くのだろうけど、このホテルだけでも充分1日遊べちゃうくらい色々のイベントやアトラクションがある。
060531(5).jpg

タワーの裏側はスライダー。 結構これが勢いよくて着地面で思いっきり鼻に水が入るほど。
see_pools_lagoon.jpg

1日2回プールサイドではゲームとかが行われる。 水の中から子供達がたくさん手を上げて、選ばれたらゲームが出来る。 ゲームに勝つとこんな感じにスライムをかぶって楽しめる。
060601(1).jpg

家の子もがんばって手をあげていたけど、残念ながら選ばれず。 こういう事なら空いてる季節に来るのも手だよね。
【EDIT】  21:35 |  ...fun  | TB(0) | CM13  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。