2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

粗食もご馳走

2005.05.17 (Tue)
今月はずーっとダンナが午後3時から11時というシフトなので、夜ご飯は私と子供達だけとなる。 恐らく世のお母さん達もパパがいる時と子供と自分だけの時だとおかずの数が違ったりするものではないかと思っているのだけど、どうだろう。 少なくとも家は間違いなくそう。 

今日は朝からお友達の家で平日ジャラをしていたのだけど、お昼には人数が足りなくなってしまった。 そこで簡単にお昼でもって風になったのだけど。

確かに準備は簡単。 オニギリとお味噌汁と差し入れの春雨サラダ。 でも昆布のおにぎりには焼き海苔を巻き、おいしい田舎梅ぼしのオニギリにはお庭で摘んだ赤シソを巻いて食べた。 シンプルだけどおいしい。

学校の帰りに色々と買い物に出ていたので、夜ご飯も簡単に。 炊飯器にご飯と塩漬けした鮭と昆布茶を入れて炊いた鮭ご飯に、白ゴマ、今日友達からもあらった赤シソを刻んで混ぜる。 サラダはトマトとアボガドと知り合いから分けてもらった日本のきゅうりのサラダ。 アメリカの大きなキュウリよりも、味がギュっと詰まっていておいしい。 お吸い物はインスタントのわかめスープと永谷園のマツタケのお吸い物。 鍋1つ汚さずに夜ご飯。 洗い物も面倒な日は紙皿で食べちゃうし。

でもね、こんな粗食というか手抜きに思える食事がなんだかメチャクチャおいしいと思っているのは家だけなのかな。 ダンナがいると肉焼いたり色々するから、お茶漬けとかタマゴかけごはん(生卵は心配なので、エッグビーターだけど。。。)とか、素麺ってな食事が逆に特別な時に食べられる贅沢な食事みたいな感覚なんだけど。 おかしいかな?
スポンサーサイト
【EDIT】  18:37 |  missing Japan  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。