2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

キッツーイ! アメリカ歯医者

2006.03.07 (Tue)
約半年前くらいにも歯を抜かれたユウちゃん、今日ももう1本抜く事になっていた らしい。 あまりにも予約と予約が離れてるから忘れてたのに、前日のコンファメーションで思い出したというわけなんだけど。

アメリカ全体かどうかは知らないのだけど、オーランド周辺では小児歯科が少なくとにかく予約が取りづらい。 新しい患者さんは取りませんという歯医者さんもいるし、チェックアップをと思って電話しても予約は3ヵ月後とか半年後とかも驚く話ではないほど。

なので、ユウちゃんも虫歯が発覚してるのに1回治療をしては次回は半年後とかって事になっちゃってるわけで。 そして今日も前回同様 眠り薬を飲まされての治療。 薬を飲んで約15分で眠くなって座ってもいられなくなってくる。 急に訳の分からないことを口にするようになり、ぐっすり寝たところで治療室へ。 そこではマジックテープで治療台から落ちないように固定され、そこで治療をうける。

今日も奥歯を抜き、虫歯には薬をつめた。

さーて、日本だったらこの程度の治療にいくらかかるんだろう。 保険があれば何千円かで済むんじゃないかと思うんだけど、アメリカの歯医者はそうではない。 歯医者が高いのか、歯医者用のデンタル保険のカバーが悪いのか、すんごい金額になってしまった。

今までずーっと歯医者は100%カバーという風に思っていたのに、とんでもなかった。 Fee Schedule と呼ばれるこの工程にはいくらまで出しますよっていう額の100%をカバーしますなんて保険の人がいいやがった。 そんなの当たり前じゃないか!って突っ込みたくなった。 というわけで前回の支払い分も保険でカバーしなかった分が残高で残ってるとのことで、

本日の請求額 974ドル。

もう、自分の歯だったら虫歯のままでいいですって帰っちゃうところだよ。 こんだけお金払えば日本に往復も出来たし、そこで健康保険にはいって歯の治療して帰ってこれたんじゃないのかね。 アメリカの歯医者が儲けてるのか、保険が悪いのか。 日本みたいに国民保険があればって言うけど、私アメリカ市民でもないし。 こんな3月頭からこの出費はキツイ!
スポンサーサイト
【EDIT】  18:18 |  Tameiki  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。