2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

日米親善野球試合 オーランドvs浦安

2006.07.28 (Fri)
今日は補習校の連絡網で募集のあった少年野球の試合を見に行った。 オーランドと姉妹都市となっている都市はいくつかあるという事だけど、浦安市はその中でも2番目に歴史の古い姉妹都市だそうだ。 そんな浦安市の少年野球チームとオーランドの市長の息子と仲間のオーランドの少年野球チームの友好試合。 強制ではないのだけど、どうせなら応援グッズでも持って行ってあげようよとほとんど思いつきで時間前に集合。

まずは、日本の国旗の手旗と工作用紙でメガホン、そしてカレンダーの裏を使っての“がんばれ日本 URAYASU”の紙。 全て手作り。
060728.jpg

日本側のベンチ、これだけでも華やか! 応援に来たのは家を含めて7家族くらいと関係者だけだもの。 でも負けてなかったよぉ。 もうラジカセ持参で、KAT-TUNとか山Pとかも流してたからね。 野球の応援には山本リンダの狙い撃ちもいいと思うんだけど。
060728(1).jpg

開会式はオーランド市長の挨拶や、浦安市長代理の挨拶、そしてお互いの記念品交換などから始まった。 記念品も両チーム1人ずつで交換するし結構1時間くらいかかったんじゃないのかなぁ。
060728(2).jpg

浦安市のチームは小学校6年生くらいの年頃みたい。 でも前の日の晩というか今日の早朝にオーランドに到着したんだって。 空港に夜中の1時に到着して、ホテルの部屋に入ったのは3時近くっていうんだから時差ぼけ真っ盛りだよね。 よく動けるよぉ。
060728(3).jpg

試合もなかなかお国柄が見れておもしろい。 アメリカのチームは大人のように悔しかったらツバ吐くし、ダグアウトでも立ってる子もいれば座ってる子もいるし結構自由な感じ。 そして静か。 日本のチームは守備についてない子でもフィールドに出て、なんか“こ~い”だか“ウィ~”だか、“オィーッス”だか声だしてるし。 そして打順が回ってくるとバッターボックスについて、アンパイヤに向かって帽子を取って“お願いします”って会釈とかしてるのよ。 それだけでステキなスポーツマンシップを感じちゃうわよぉ。 アンパイヤも日本を知らずに拝みのポーズとかして頭さげたらどうしようとか思ったけど、普通にお辞儀をし返してた。 

ただね、応援の仕方が分からなくてねぇ。 かっとばせ~なんとか っていうのも最初は言ってたんだけど、どうも引かれてるような気もするし。 GOOD EYE、 GOOD JOB、 GOOD TRY、 HUSTLE UPなんていうこっちのリトルリーグの応援も、日本語だと何ていうの? ってなるじゃん。 “ええ目や”とか“目がいい”とかもおかしいし、“いい仕事したね”とかもピンとこない。 “ハッスルハッスル”じゃどっかのプロレスラーの合言葉みたいだし。

でもって出てくるのがさ、“バッター棒立ち~”とか“ピッチャー ノーコン”とか相手を野次るような応援の言葉とかになっちゃって、それも失礼だねぇなんて。 途中は3.3.7拍子なんていう昭和な応援してたけどね。 プロ野球とかだと応援歌とかもあるんだろうけど。

私達うるさいかなぁと気になりながらも、チームからは甲子園球場にいるみたいですと(関西出身が多かった)イヤでもないみたいな感想もらって。

でもって、試合はというと 10対3 で日本の勝ち!
060728(4).jpg

もう時差ボケで眠いだろうによくがんばったよ。 試合が終わったのは夜も9時よ。 でもこの後プールパーティーですとかって言ってたわ。 子供は元気だなぁ。 少年野球チームでもスケジュールびっしりだもん。 明日は日本とアメリカの選手がごちゃ混ぜに混ざっての試合だそうで。 明日は差し入れ持参で行っちゃうよ。
スポンサーサイト
【EDIT】  20:33 |  Sports  | TB(0) | CM1  | Top↑
コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2006.08.07(月) 00:45 |  |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。