2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

DCエリア初 コンサート参加

2007.03.30 (Fri)
金曜日は午後からメリーランドにある毎週お琴の練習に使わせていただいている施設の中のホールで、住民の方にお礼という意味でも聞いていただこうという雰囲気のお琴のコンサートがありました。

私も入ったばかりなのですが、出てもいいなら出ますと出てしまいました。

オーケストラのように指揮者がいて、それを見てっていう演奏方法でないので、日々の練習で遅くするところや間の取り方は覚えたり、私の場合はまわりの音を聞いてそれに合わせて弾くことを心がけました。

ラッキーにも隣の人の音がすごく大きく聞こえたので、それはよかった。

070330.jpg


演奏風景の写真はないのですが。。。

最初にお琴と三味線での“六段”の合奏があって
(これは誰でも聞いたことあるはず。 食わず嫌いとかでもバックにかかってるし)

お琴の演奏者2人のきれいな曲の合奏があって
(タイトル聞いたのに。。。)

また数人でも“金剛石”の合奏があって

で、みんなで“さくらに寄せる幻想’と“光と風と”の合奏でした。

オーランドでも何度も弾いたことある曲だけど、20数面でのお琴の数での合奏は初めて。

お琴も3列、着物や羽織袴の演奏者がズラーっと。

それだけでも“うわっ”って感じのワクワク感。

やっぱり音量も、なんだか分からない弾いてるエキサイトな感じも新鮮。 緊張もしなかったし。

よい経験をさせていただきました。

聞きにきてくれた方々も大変喜んでくれたそうで、それもうれしい事ですね。


そしてそして、帰ってきて着物脱いで、そっからまだ1日が終わりませんでしたの。

そっから、バージニアビーチに向けて出発です。

翌日は、ケイラが日本舞踊をバージニア初デビューなので前日から泊り込みなのです。 みんなは早くに出発してたんだけど、私はお琴と重なったので遅れて荷物とともに出発。 

ビーチさ、近いといいのに途中夜中近い時間にもかかわらずハイウェイが渋滞してて。。。10時前に出発して到着したの夜中の2時。

先生達が起きて待っててくれてるのも恐縮しちゃってねぇ。。。

真っ暗だったので、途中の景色は楽しめなかったけど

初めて、アメリカでトンネルの中を運転しました。

海の上の橋しか通ったことなかったもん。 トンネルってあんまり無いよね? たしかフロリダでは通ったことないはず。

20070401053946.jpg


起きてる人がいなかったので、あわててトンネル通過記念の写真を撮りました。
スポンサーサイト
【EDIT】  22:06 |  Classes  | TB(0) | CM2  | Top↑
コメント
すごいです!!お疲れさまでした。コンサート様子、すごいよくわかりましたよ~(^^)
いや~さすが、物怖じしないケリーさん!!いい感じでこなしているのが、本当に尊敬!

そちらの団体は、かなり人数がいるんですね~大勢の演奏は少人数とは違った醍醐味ありますもんね。

それにしても、次の日までも!!
ほんと、おつかれさまでした~

あ、例のものは、今週中に発送予定で~す。(^^)
かんかん |  2007.04.02(月) 07:26 | URL |  【編集】
メリーランドでは大学でもお琴の選択授業があるらしくて、そんな学生も混ぜると本当に大人数ですね。

でも、なんだかオーランドではたいてい少人数のパートだったり、下手したらそのパート1人って事もあって、それこそプレッシャーや不安もあったんですよ。

なので、同じパートを上手な人が弾いてくれてるっていうだけど、大変心強いですねぇ。 こんな人に頼ったような事考えてたら、上達しないんでしょうけど。 

客席からの写真とかがあれば、自分でも客観的な雰囲気とかもつかめるんでしょうけど。。。
ケリー>かんかんさん |  2007.04.04(水) 23:56 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。